知っておきたい、正確な薬の飲み方! 〜CRA治験への転職・求人.com〜

 

 

 

 

 

 

 

 

薬を飲む時に、もっとも一般的なのが、

”食後” に、飲むというものだ。

 

 

 

食後に飲むように指示している薬が多いのは、

食事と関連付けることで、薬の飲み忘れを防ぐことと、

食べたものが胃に残っている方が、胃の荒れを防ぐことができるからだ。

 

 

 

”食前” に飲む薬も、多くはないが、

食欲増進薬や漢方薬、吐き気止めなどがある。

 

 

 

残る、”食間” に、飲むというやり方だが、”食間” を、

「食事中」 と、勘違いしている人が、意外と多い。

 

 

 

”食間” の意味は、「空腹時」 という意味で、間違えて、

食事中に飲んでいると、効果が薄れてしまうので、注意しよう。

 

 

 

また、服用した後の、次の服用までの時間だが、

1日3回の薬なら、4時間以上、1日2回の薬なら、5時間以上、

1日1回の薬なら、8時間以上、空けるのが鉄則だ。

 

 

 

服用時間の感覚が短すぎると、効き目が、

強過ぎる可能性があり、危険なので、

飲み忘れたとしても、間隔はきちんと空けるようにしよう。

 

 

 

原則的に、時間は守ることが大切だが、

時と場合によっては、例外もある。

 

 

 

副作用が出やすい高齢者の場合、食事を少ししか、

食べられなかったのに、食後に服用した結果、

副作用で、さらに病状が悪化したなどの、ケースがある。

 

 

 

このように、指示された通りに服用できなかった場合の対応は、

薬によって異なるので、よく注意書きをチェックしよう。

 

 

 

その他、症状が似ているからといって、

家族間で、薬の使い回しをすることも、危険だ。

 

 

 

大人と子供では、薬の効果に違いがあるし、

限られた知識で、薬を安易に使用していては、

取り返しのつかないことになる、可能性もある。

 

 

 

分からない場合は、専門家に相談し、

注意書きは、よく読む習慣を、身に付けよう。

 

 

 

 

 

 

『CRA治験への転職は、求人サイトの利用がおすすめです!』へ戻る