薬を飲む時のウソ・ホント! 〜CRA治験への転職・求人.com〜

 

 

 

 

 

 

 

 

薬を飲む際に、まことしやかに語られる、

本当か嘘かわからない話は、意外にあるものだ。

 

 

 

その1つが、

「痛み止めを飲み続けると、効かなくなってしまう」

というもの。

 

 

 

しかし、これは全くの間違いで、症状に適した薬を、

きちんと服用すれば、早ければ早いほど、効果がある。

 

 

 

なぜならば、痛み止めが特に有効なのは、

痛みが初期段階の時であって、例えるなら、

火事になる前に、ボヤの段階で、消すようなものだ。

 

 

 

火事は、燃え広がってからの消火が、困難なように、

痛みも、激しくなってからは、痛み止めを飲んでも、なかなか治まらない。

 

 

 

それを勘違いして、飲み続けると効果がないと、

判断してしまうのである。

 

 

 

もちろん頭痛薬を飲むことで、さらなる、

頭痛を引き起こすなどの、例外はあるが、それらは、

症状に合った薬を服用していないからであって、

「痛み止めを飲み続けると、効果がなくなる」 とは、言えない。

 

 

 

痛みは、その人のQOL(生活の質)を低下させる、

大きな要因なので、おかしいと感じたら、すぐに対処しよう。

 

 

 

また、薬を服用する時は、必ず水かぬるま湯で飲むこと。

 

 

 

これは本当で、コーヒーや紅茶で薬を飲まない方がいい、

最大の理由は、”カフェイン” である。

 

 

 

多くの市販の風邪薬は、カフェインを含んでおり、

コーヒーや紅茶で、これらを飲んでしまうと、

薬の成分とカフェインの作用が重なってしまい、

 

 

 

病気を治すつもり、が不眠や動悸、吐き気などの、

「副作用が出る可能性」 があるので、注意しよう。

 

 

 

コーヒーや紅茶だけでなく、カフェイン入りの、

ドリンク剤なども同様で、例え同時に飲まなくても、

カフェインの服用に、注意を要する薬は多い。

 

 

 

副作用が出ないように、十分注意しよう。

 

 

 

 

 

 

『CRA治験への転職は、求人サイトの利用がおすすめです!』へ戻る