これから求められる、治験コーディネーター!

 

 

 

 

 

 

 

治験コーディネーター(通称CRC)は、

治験実施施設で治験の進行をサポートするスタッフのことだ。

 

 

 

治験が円滑に行われるよう、事務的業務を始め、

チーム間の運営の調整を進めるとても重要な仕事である。

 

 

 

治験コーディネーターという資格があるわけではないが、

主には看護師資格者や薬剤師資格者、

または、臨床検査技師がその役割を果たしている。

 

 

 

最近では治験の時だけではなく、様々な段階での臨床試験にも参加している。

 

 

 

業務内容は幅広く、患者へのインフォームドコンセントや、

治験参加者の管理やケア、症例報告書の作成などである。

 

 

 

症状に関する知識もさることながら、コミュニケーション能力が非常に重要であり、

特に、治験参加者の精神的不安に対するケアが求められる仕事である。

 

 

 

治験参加者にとってはもっとも身近な存在であるため、

後から問題にならないためにも、治験コーディネーターの重要性は増す一方だ。

 

 

 

しかしその反面、治験コーディネーターの養成は進んでいるとは言えず、

業界団体が講座などを開催してはいるものの、資格制度の開設が急務となっている。

 

 

 

一人で多くの病院などを担当するケースも多く、

関係を築かないといけない関係者も増える一方で、かなり大変な仕事だ。

 

 

 

看護師や薬剤師の割合が高いので、

比較的女性の割合が高いが、近年は男性の割合も増えつつある。

 

 

 

社会的地位の確立のため、関係者の一層の努力に期待したい。

 

 

 

 

 

 

トップページへ戻る