治験とは何か?

 

 

 

 

 

 

 

治験とは、治験薬と呼ばれる医薬品の候補物質を用いて、

国の承認を得るための、成績を集める臨床試験のことである。

 

 

 

日本においては、企業が主導して行われている治験だが、

その場合、どうしても企業にとってビジネスにならない、

患者数の少ない難病や、小児疾患などの分野は、

後回しにされがちであることが、問題視されてきた。

 

 

 

こういった有効な治療法が確立されておらず、

医薬品の開発が進んでいない治療分野における医療ニーズを、

「アンメットメディカルニーズ」 と呼んでいる。

 

 

 

アンメットメディカルニーズにおいて、

企業治験を促進する政策を国はとってきており、企業も動くようにはなったものの、

早い対応を望んでいる患者のニーズを、十分に満たせていないのが現状である。

 

 

 

このため、医師が主体的に動き、臨床試験を積み重ねて特許を取得し、

自らのクリニックで販売などしている医師も存在するが、

社会的認知には至らず、本当にその薬が必要な人に届いていない。

 

 

 

アメリカにおいては、医師が主体的に、

アンメットメディカルニーズを解消するための、

臨床試験を積極的に行っている。

 

 

 

企業主導よりも、研究者主導の臨床試験の方が多いくらいだ。

 

 

 

一昨年ノーベル賞を受賞した、京都大学の山中伸弥教授を始め、

日本の基礎研究レベルは高いと言われているが、

臨床研究力は世界に比べ、大きく後れを取っている。

 

 

 

現場で働く多くの医療スタッフは、治療法のない患者をなんとかしたいと考えている。

その思いを活かせる研究環境を進めることが、これからの課題だろう。

 

 

 

 

 

 

トップページへ戻る